プロジェクト応募

平成29年度・学びセンタープロジェクト募集要項

 

1.プロジェクト募集の趣旨

学びセンター(以下,センター)では,教育委員会学校等との連携を図り,「学び」に関する理論的,実証的かつ臨床的な研究・開発を行うとともに.実践的指導力を持った教員の養成及び現職教員の研修に寄与することを目的としています。そのために「戦略プロジェクト」「実践研究支援プロジェクト」「産学官協働プロジェクト」の3つのプロジェクト群(学びセンタープロジェクト)を設定しました。その一環として,支援を希望するプロジェクトを広く募集し,支援をしていきます。

2.学びセンタープロジェクトの支援内容

各プロジェクトに対して,センターは下記の支援を適宜実施します。
①研究資金支援
・センターの獲得した予算や資金に基づいた,各プロジェクトに対する研究費の支援
 ※支援額および支援件数は,獲得した予算や資金に基づき,適宜設定します(本年度は☆☆☆予算)。
 ※各プロジェクトの執行に必要な経費であり,科研費および科研費奨励研究に準じた内容とします。
②マッチング支援
・プロジェクトに対応した学部内外の人材紹介
・研究者データベースを活用した研究・社会貢献のマッチング情報提供
・URAと連携した産官学のマッチング
③プロジェクトの推進助言
・各プロジェクトの推進に関わるセンター教員からの助言
・各プロジェクトの推進に関わる学部内外の助言者紹介
④広報・成果発信支援 
・Web等を活用した研究成果の広報,成果発信支援
・シンポジウムや研究会を活用した研究成果の発信,共有支援
⑤施設・機器支援
・センター施設を活用したミーティングルームや研究スペースの提供
・センター内の機器利用支援

3.各プロジェクトの対象および支援内容と条件

3つのプロジェクトの中で,研究費支援の対象となるのは,「戦略プロジェクト」「実践研究支援プロジェクト」の2つです。

(1)全プロジェクト共通の支援条件
・3の(1)および(2)に示した条件に該当する実践・研究チームであること。
・2名以上のメンバーで構成されていること。
・センター主催のフォーラム,研究会等で研究計画や成果を共有・紹介すると共に,公開可能な成果については,Web等で積極
 的に発信していくこと。
・研究資金の執行については,附属学校教員が代表者の場合は,所属する附属学校の事務を通じて執行する。それ以外は,チー
 ムを構成する学部教員により会計システムを通じた執行とする。

(2)各プロジェクトの対象および支援内容と条件
1)戦略プロジェクト
目的:次世代型の学びに関わって,学部戦略および次期学習指導要領等を踏まえた「戦略的研究開発テーマ」をセンターが設定し,対応する研究の促進を目的とする。

  戦略的研究開発テーマ「次期学習指導要領を指向した先進的教育研究」

A:戦略研究企画型
対象:「戦略的研究開発テーマ」に関連し,大型の外部資金を獲得しようとしている研究チーム
支援:①(外部資金獲得に向けた準備用の研究費支援),②~④,⑤(主にミーティングルーム)
支援金額および件数:200千円×2件程度を予定 
条件:科研費や各種事業公募等の外部資金申請を1年以内に実施すること。
成果報告:成果報告書(別紙)を提出し,学びセンター主催フォーラムで成果報告等をすること。

B:戦略研究推進型
対象:「戦略的研究開発テーマ」に関連し,大型の外部資金を獲得済み,もしくは獲得が内定している研究チーム
支援:②~⑤(ミーティングルームおよび研究資金の活用による研究スペース) ※①は無し
条件:外部資金を獲得済み,もしくは獲得が内定していること。
成果報告:成果報告書(別紙)を提出し,学びセンター主催フォーラムで成果報告等をすること。

2)実践研究支援プロジェクト
目的:現場教員(原則として長野県内)と学系教員を含む共同の実践・研究チームによる実践研究の促進を目的とする。
※現場教員が実践・研究チームの代表者であることが望ましい。

A:研究企画支援型
対象:実践研究を企画し,科研費奨励研究や各種財団等の外部資金獲得を目指す実践・研究チーム
支援:①(実践および研究のスタートアップ・継続のための研究費支援),②~⑤(主にミーティングルーム)
支援金額および件数:100千円×数件程度を予定 
条件:科研費奨励研究や各種財団等の外部資金申請を年度内に実施すること。
成果報告:成果報告書(別紙)を提出し,学びセンター主催フォーラムで成果報告等をすること。

B:研究成果支援型
対象:既に取り組まれている実践の成果を学術的にまとめ,公表・発信を目指す実践・研究チーム
支援:①(論文掲載料や学会発表旅費等の研究費支援),②~⑤(主にミーティングルーム)
支援金額および件数:100千円×数件程度を予定 
条件:著書,論文,報告書,口頭発表,作品,教材等,研究業績に相当する成果を公表,もしくは公表予定の具体的な見通しを
   年度内に示すこと。
成果報告:成果報告書(別紙)を提出し,学びセンター主催フォーラムで成果報告等をすること。

4.募集期間

平成29年5月1日(月)から平成29年5月26日(金) ※結果発表は平成29年6月末を予定
※研究費支援を伴わないプロジェクト(戦略研究推進型,共同研究推進型)については,上記以外にも随時受け付けます。
 

5.応募方法

センターホームページから,必要な書式をダウンロードし記入の上,センターにメールにて送付してください
(送付先:crilofc@shinshu-u.ac.jp)。
※メールの件名は【プロジェクト申請】としてください。センター側で申請の受理後,受理メールを返送しますので,必ずご確
 認ください。
※研究費支援を伴わないプロジェクト(戦略研究推進型,共同研究推進型)については,申請者情報のみ記入し,内容がわかる
 事業計画書もしくは共同研究申請書類等を添付ください。
【問い合わせ先】
 附属次世代型学び研究開発センター  Tel:026-238-4242 E-mail:crilofc@shinshu-u.ac.jp

6.審査

・センター運営委員会,教育学部研究委員会より選出する7名の委員で構成された審査委員会にて審査の上,決定します。
・審査の観点
 ・3にあげる目的,対象および条件を満たしていること。
 ・研究目的,計画,方法,研究経費,研究倫理,遂行可能性等に優れていること。

 

ページ上部へ戻る