NEWS

成果報告ー三崎隆

代表者 三崎隆
所 属 教育学系
支援型 研究企画型
プロジェクト名 アクティブ・ラーニングを指向した授業プログラムの検討と協働的な学びの予備的検証
プロジェクトの取り組みと成果の概要 本プロジェクトでは,小学校第5学年理科の「ふりこの運動」(7h),中学校第2学年社会科の「ヨーロッパ人との出会いと全国統一」(5h),及び中学校第3学年理科の「生物の成長と生殖」(5h)において,アクティブ・ラーニングを指向した授業実践を行った。そこに表出する児童生徒同士によるコミュニケーションによる相互行為を記録し,それを分析することによって,gatekeeperの役割を果たす学習者とend userとなる学習者との協働的な学びの様態を検討した。その結果,いずれにおいても,自分の経験やこれまでに習得した知識を交換しながら目標達成に向かう会話が現れ,共通性の高い傾向が認められることが明らかとなった。


発表・公開済みの
研究成果

 

・中島千博・三崎隆,中学校社会科と中学校理科による異教科・異学年の『学び合い』の学習における生徒の意識の変化に関する研究,第15回臨床教科教育学セミナー2016発表要項,34-35,2017.
・中島千博・三崎隆,中学校社会科と中学校理科による異教科・異学年の『学び合い』学習における生徒の意識の変化に関する研究(その2),日本教育工学会平成28年度17-1研究会発表要項,H4,667-670,2017.

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る