NEWS

第1回講座「micro:bitのプログラミング」と「micro:bitの部品製作」

開講式に続いて行われた第1回講座の様子です。
初回の講座は「micro:bitのプログラミング」と「micro:bitの部品製作」です。

初めは緊張していたけれど,お互いのプログラムを見ながら,楽しくプログラミングしていきます。

自分が分からないことは,友達が知っています。それでも分からないことは,信州大学の学生スタッフや先生方がアドバイスをくれます。

皆,micro:bitを動かすことができ,魔族層でした。

micro:bitの部品製作では,ハンダ付けをしました。
自分の使う部品は,自分で手作りしていきます。とても細かな作業も慎重に行います。

初めてハンダ付けをする人もいるけれど,友達や先生,学生スタッフに手伝ってもらいながら頑張ります。

受講生のみなさんには,micro:bitが配布されています。今回micro:bitのケースはFabLab長野のスタッフが一人一個ずつ製作してもらいました。
講座の中で,自分の名前をレーザー加工機で彫刻し,世界に一つの自分専用ケースの完成です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る